ウーマン

バリスタの資格を取れば夢を叶えられる|プロへの道

女性

今業界では活躍するために

幅広い世代に癒しを与える存在として人気のカフェは、働いてみたい職場としても人気です。アルバイトではなく、もっと本格的に活躍を考える場合には学校でしっかり学ぶことも選択肢でしょう。通学できない場合には、通信講座で学び、資格を狙ってみることも検討できます。

ウーマン

料理を作る専門家

調理をする専門家が調理師です。この資格は養成ができる施設を卒業することで得られたり、国家試験を受験することで得られます。養成施設に行くと費用は掛かりますが、料理の知識が得られ、就職もあっせんしてもらえます。

カフェで働きたいなら

コーヒー

専門知識が学べる

近年、日本でもバリスタという言葉を耳にすることが増えました。バリスタとはカフェで働く、コーヒーのスペシャリストですが、国家資格のような資格は存在しません。民間の資格はいくつかあります。講座やライセンス試験を受けて、資格を取得することで、より客観的に技術を把握できたり、お客さんからの信頼を得ることができます。資格がなくてもカフェで実践を積んで修行したり、より本格的に学びたい方は海外で修行するという選択肢もあります。スクールに通う時間と費用がある方は、専門学校に通うこともできます。コーヒーについての知識や技術、開業を目指すための講座もあります。イタリアでバリスタとは、バールで働く接客のプロを指し、エスプレッソに対する知識や技術が重視されていますが、日本ではより広い意味合いで捉えらえれています。

スクールや通信講座など

イタリアのナポリがエスプレッソ発祥の地と言われ、イタリアではエスプレッソがポピュラーなコーヒーの飲み方ですが、日本ではそこまで浸透していません。カフェブームの影響で、エスプレッソを提供するお店は多くなったものの、日本ではコーヒーの飲み方はよりバリエーションが多いものです。日本でバリスタとして働くなら、コーヒー全般に関する知識と、コーヒーを入れる技術、接客の技術が求められます。またオーナーとして、お店を持ちたい場合は、経営戦略も必要になります。学ぶ機関によって、習得できる知識や技術は異なりますので、バリスタのスクールや資格を選ぶ際は、事前に確認しましょう。会社勤めをしている方で、スクールに通うのが難しい場合は、通信講座もありますので、自分に合ったものを利用しましょう。

コーヒーを入れる人

好きなことを仕事に

短期間でカフェのことを学ぶなら、カフェ専門学校へ行くとよいでしょう。カフェ専門学校でプロのスキルを身につけると、カフェやレストランやホテルなどの食の世界で活躍できるチャンスが生まれます。また自分の店を持つこともできます。

RECOMMENDED SITES

  • レコールバンタン・キャリアカレッジ

    実践形式でコーヒーの理論を教えてくれる専門のスクールを利用すれば、バリスタの資格取得を成功させやすいのは確かといえるでしょう。