料理を作る専門家|バリスタの資格を取れば夢を叶えられる|プロへの道
男女

バリスタの資格を取れば夢を叶えられる|プロへの道

料理を作る専門家

ウーマン

仕事が細分化

調理の仕事は実に幅が広く、バラエティーに富んでいます。特に最近ではテレビやマスコミで活躍している料理人も多くなってきていて、調理は一つのエンターテーメントとしてのポジションを築いています。外食産業が多様化するにしたがって、調理人の仕事も多様化してきています。一つの店には新人から中堅、ベテラン料理長までいろいろな料理人がいます。それぞれがそれぞれの役割をしっかりとはたして、チームワークでお店が成り立っています。大きな店になればなるほどチームワークが大切になってきます。一流店や老舗と呼ばれているお店では、仕事が細分化されて専門化しています。

料理を学ぶ施設

料理人は調理の仕事に携わっている人全般を指して言います。一般的に言われている調理師は、調理師免許を持った料理人のことです。これがあって初めて調理師と名乗ることができます。この資格を取るためには、卒業と同時に無試験で免許をもらうことができる養成施設に入学する方法と、定められた施設で調理の実務を経験した後で試験を受ける方法があります。養成施設に入学するときは、費用は掛かってしまいますが料理の知識と技術を一通り学んでから、どの方向に進むか決められますし、学校から就職をあっせんしてもらえます。また、専門学校に通わず、調理師試験を目指していく場合は、お店に入って給料をもらいながら現場の仕事を覚えることができますが、その店以外の料理の知識が入ってくることがないこともあります。どちらの方法で調理師を目指していくかは、じっくり検討していく必要があります。